スポンサーサイト

2017.05.14 Sunday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    デュークさんと「OceanLegend」プロジェクト

    2009.10.06 Tuesday

    0
       昨日、友人からメールが届いた。

      「今、島に素敵な人が滞在しています
      私のブログを見てください。
      島の子供達へも伝えたい、
      夢のあるチャレンジです

      え?なんだろう?
      と気になりながら、
      昨日は1日忙しく、
      さっき、やっと、
      彼女のブログを開いた。

      そこには、デュークさんという
      「素敵な人」のことと、
      彼が今挑戦中の
      「OceanLegend」という
      壮大なプロジェクトのことが
      書かれていた。

      このプロジェクトで彼は
      次の3つのステージに
      挑戦することになっている。

      1st stage
      伊豆大島から葉山までを
      スタンダップパドルで横断(65km)

      2st stage
      八丈島を出発し江ノ島まで
      1人乗りアウトリガーカヌーで横断(250km)

      Final  Stage 
      南伊豆から小笠原までを
      6人乗りアウトリガーカヌーで
      ノンストップ横断(900Km)


      1st stageはすでにクリア。
      (→1st stageレポ&動画

      2st stageは、
      まもなく、ここ、八丈島から
      始まろうとしている。


      これはただの冒険ではなく、
      長年、海に関わり、
      『海を人力で渡る』ことを行ってきた
      デュークさんの、
      理念と信念に基づく
      チャレンジなのだという。

      友人のブログを読んだ後、
      「Ocean Legend」の
      HPブログをチェックした。

      島の、歴史民俗資料館を
      訪れたときのブログ記事

      とても印象深かった。

      そして、HPを見、
      1ST stage の映像を見て、
      デュークさんを、
      このプロジェクトを
      応援したいという気持ちになった。

      興味を持たれた方は
      ぜひこちらをどうぞ↓

      OceanLegend HP トップページ

      OceanLegend ご挨拶
      OceanLegend このサイトについて
      OceanLegend 意義

      OceanLegend 1STstage(レポ&動画)



      OceanLegend ブログ
       〜日本の海に生きた偉大な海洋民族のスピリッツを継承する旅

      「八丈島歴史資料館」 (Ocean Legendブログより)

      「OceanLegend」 (癒香ブログより)

      スポンサーサイト

      2017.05.14 Sunday

      0
        コメント
        ゆきちゃんへ

        こちらこそ、素敵なプロジェクトを教えてくれてありがとう☆

        これが達成された暁には、
        またさらに多くの人が
        心を動かされ、
        勇気づけられることと
        思います。

        成功を祈りつつ。
        • by ゆきさんへ←フナリン
        • 2009/10/13 1:21 AM
        くみちゃん  ありがとう!!
        デュークさんに賛同している人が
        全国に沢山いるのは
        彼のしていること やろうとしている事が 感動と夢を与え皆の気持ちを動かせるからなんだよね。。

        今は 無事に達成してくれる事を祈っています
        応援嬉しいです(*^_^*)
        • by ゆき
        • 2009/10/06 8:19 AM
        コメントする
        トラックバック
        みなさまにご紹介したいプロジェクトがあります。 OCEAN LEGEND (オーシャン レジェンド) ←クリック{/atten/} 〜日本の海に生きた偉大な海洋民族のスピリッツを継承するために〜 先ずは、上記ホームページをどうぞご覧ください。 このサイトをよく読まれると、
        • 八丈島のおいしい暮らし
        • 2009/10/06 10:38 PM
        この記事のトラックバックURL