スポンサーサイト

2017.05.14 Sunday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    ネイチャーゲームリーダー講習会

    2009.05.22 Friday

    0
       

      5月の連休に、
      ネイチャーゲームリーダー講習会
      というのに参加してきた。

      「ネイチャーゲーム」というのは、
      米国のナチュラリストジョセフ・コーネル氏が提唱した
      自然体験プログラムで、
      いろいろなゲームを通して、
      自然の不思議や仕組みを学び、
      「自然と自分が一体であることに気づく」
      ことを目的としている。

      な〜んて、えらそうに書いてるけど、
      実は、講習会に参加するまで、
      ネイチャーゲームについて、
      何も知らなかった。

      別の件でネットで検索をしていて、
      たまたま「ネイチャーゲーム」という言葉に出会い、
      面白そうだなと思ってさらに検索したら、
      この講習会の案内に出会い、
      「これはぜひ受けたい!」
      と思って、申し込んだのだった。

      2日間の講習会では、
      いくつものネイチャーゲームを実際に体験して、
      とても楽しかった。

      受講生同士の交流の機会もあり、
      新鮮で、とても刺激的だった。

      驚いたのは、
      ここで、10年ぶりの再会があったこと。

      むこうにいたとき私は、
      とある現役高校生対象の予備校に勤めていたのだが、
      そこで担当していた生徒が
      (といっても、教科を教えていたわけではなく、
      進路指導や学習相談担当だったのだが)
      講習会に参加していたのだ。

      最初、顔を見た時
      「んん?どっかで見たような」という気がしたのだが、
      彼もやはり「あれ?もしかして」
      と思ったようで
      「もしかして、フナリンさんじゃないですか」
      と声をかけてくれた。

      「名字が違うけど、
      でも顔がそっくりだしな〜と思って」と。

      結婚して姓が変わっていて、
      しかも住所が八丈島となっていたので、
      最初、別人かと思ったそうだ。

      「うわ〜。〇〇塾の卒業生だよね?
      もしかして、そうかなあと思ってたんだ」

      いやあ、まさかこんなところで会うとは。
      すっかり立派な大人になって。

      毎年、100人くらいを担当していて、
      しかももう10年以上前のことなので、
      当時の生徒のことは
      ほとんど忘れてしまっている。

      でも、彼と、
      その仲間たちのことは
      すぐ思い出した。

      予備校での仕事は、
      生徒の進路指導・学習相談だけでなく、
      校舎運営に関わるあらゆることをしていたのだが、
      通ってくる高校生たちとの関わりが、
      一番、楽しかった。
      (自分の力不足を感じ、
      後悔することも多々あったけれど)

      今、保育の仕事をしているのも、
      あの頃、「人に関わる仕事」の
      楽しさややりがいを
      実感したからなのかもしれない。

      今回の講習会では、
      新しい出会いもあった。

      講習会終了後、
      幹事を申し出てくれた方がいて、
      参加者同士のネットワークを作り、
      今後も、定期的に集まる機会が
      設けられることになった。

      島に住んでいるので
      なかなか参加できそうもないけれど、
      今回の新しい出会いが、
      そういう形で今後もつながっていくのは、
      素晴らしいことだなと思った。

      また、会えたらいいな。

      スポンサーサイト

      2017.05.14 Sunday

      0
        コメント
        コメントする
        トラックバック
        この記事のトラックバックURL