新・島牛乳

2008.05.04 Sunday

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル


    以前、『島牛乳がなくなる?!』という記事を書いたことがあります。

    あれから1年1ヶ月。

    今、島のスーパーには
    新しい「島牛乳」が並んでいます。

    あの記事を書いたあとに、
    旧経営の牛乳工場の閉鎖が確定し、
    もう地元産の牛乳は飲めなくなってしまうのかと、
    とても残念に思っていました。

    そんな中、島牛乳を残したいという
    島民の有志が新会社を設立し、
    今年の3月末に旧経営母体から工場設備を引き継ぎ、
    4月中旬より、
    地元産の牛乳製造が再開されたのです。

    パッケージも新しくなった
    新・島牛乳。

    発売されてすぐ、
    私も買いに行きました。
    (そのわりに、記事を書くのが
    すっかり遅くなってしまいましたが)

    数週間ぶりに飲んでみて、
    (3月末に旧牛乳工場が閉鎖されてから
    しばらくの間、島牛乳の販売がなかったので)
    「ああ、島牛乳の味!」
    と、うれしくなりました。

    でも、島牛乳大好きだった娘は
    「なんか、味が違う気がする」。

    そして「学校で飲んでる牛乳の方がいいな」と。

    この発言にはちょっとびっくり。

    なぜならちょうど1ヶ月前には
    こう言っていたのです。

    「給食の牛乳が変わるの、やだ」と。

    ちょうどその頃、
    学校給食に島外の牛乳が出たことがあって、
    その味が娘にはおいしく感じられなかったらしく、
    4月から、学校給食にその牛乳が採用されることを知って、
    とても嫌がっていたのでした。

    それなのに、
    今ではそっちの牛乳の方が
    おいしく感じるとは。

    新会社になって
    島牛乳の味が大きく変わったということは
    考えにくいので、
    「慣れ」の問題かもしれないなあと思いました。

    そう思って
    何回か買い続けていたら、案の定、
    「やっぱり島牛乳の方が、
    普通の牛乳よりおいしい」
    と言うようになりました。

    この4月から毎日給食で
    島外産の牛乳を飲むうちに
    いつのまにか、
    そっちの味になじんできていたのかもしれません。

    普通の牛乳と島牛乳、
    どっちの味が好みかは、
    嗜好の問題ですが、
    (実際、島外産の牛乳の方が
    薄くて飲みやすいという子もいるようです)
    自分の子供たちには、
    島牛乳を好んで飲んでもらいたいなあと
    私は思います。

    そのために、ちょっと割高だけど、
    島牛乳を買い続けるつもりです。

    そして、来年の4月には、
    再び学校給食に
    島牛乳が採用されるようになってほしいと
    願っています。
    (工場の経営母体が変わるために、
    今年度は採用ができなかったようです。)

    地産地消」の考え方は大事だと思うし、
    何より地元産の新鮮な牛乳を飲めるなんて、
    とても恵まれていると思うので、
    これからも、新・八丈牛乳が存続するよう、
    影ながら応援していくつもりです。

    スポンサーサイト

    2017.05.14 Sunday

    0
      コメント
      aura*さんへ

      aura*さん、こんにちは!

      青ヶ島にも、新・八丈牛乳
      ちゃんと届いているんですね〜

      青ヶ島でも
      楽しみにしてくれている方がいると知ったら、
      製造している方々にとって、
      とても励みになると思います。

      このまま継続していくことを
      私も願っています。

      • by aura* さんへ←フナリン
      • 2008/05/25 9:34 AM
      フナリンさん
      お久しぶりです。

      八丈牛乳おいしいです。
      私も4月にリニューアルした八丈牛乳を見て、
      うれしくて真っ先に購入しました。
      今でも、店頭に並ぶと必ず購入しています。
      青ヶ島はあまり選択肢がないので、
      おいしい牛乳を飲もうと思ったら=八丈牛乳です。
      青ヶ島からも応援しています^^
      是非、島の味を継続していただきたいと思います。
      • by aura*
      • 2008/05/20 1:52 PM
      コメントする
      トラックバック
      この記事のトラックバックURL