スポンサーサイト

2017.05.14 Sunday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    花村泰江展〜島ぐらし町ぐらし@伊勢丹浦和店

    2014.07.10 Thursday

    0
      八丈で知り合った友人、
      版画家・花村泰江さんの展覧会が
      7月9日から15日まで伊勢丹浦和店で開かれます。
       

      テーマは「島ぐらし町ぐらし」

      3年間、家族で東京都八丈島で生活する経験を得て、昨年本土に戻ってきました。

      これまで、身の回りの見慣れているけれども人々が忘れかけている物や風景を
      木版コラグラフや銅版画で表現してきました。

       島での生活を通して、東京都だけど、東京からは300キロ離れた八丈島の、
      本土にはない景色や植物、生活環境を自身の切り口でとらえ、
      従来の木版コラグラフ、銅版画の他にアクリル画でも表現してみました。

      都内の小学校から八丈島の小学校に転校した長女、
      その逆を経験した長男の身の回りを見つめたことも作品作りに大きな影響を与えました。

       東京と八丈島の日常的な身の回りを表現した作品の数々をご高覧いただき、
      何かを感じていただけましたら幸いです。

                                     花村泰江

              (有)福福堂 Gallery Uehara サイトより



      泰江さんの作品は、日常的なものを題材にしていながら、
      非日常的で、とても魅力的です。

      泰江さんの描く八丈を、
      ぜひたくさんの方にみていただきたいなあと思います。

      お時間あるかたはぜひ。


      詳細はこちらをご覧ください(作品の1部もご覧になれます)⇒CLICK!







                  

      くつろぎの時間

      2010.03.09 Tuesday

      0



        スロースペースてぬきやマイルスにて。



        エスプレッソを注文。香り高く、おいしい。

        きれいな写真をとろうと思って
        ミルクと砂糖をどけたのに・・。
        あらら、あんなところにうつっちゃった




        友人はコーヒーを注文。



        耳に心地いい音楽を聞きながら、
        たくさん語り合う。

        くつろぎの時間。



        スロースペース てぬきやマイルス
        (お茶空間)  
        午後1時〜午後10時
        (水曜・木曜日は夜の部のみ営業
        6時よりナイトチャージあり)
        http://midori-mozart.jp/blog.html

        ボランティアセラピスト

        2009.05.06 Wednesday

        0

          島に住むアロマセラピストの友人から
          「ボランティアしてみませんか?」
          というメールをもらった。

          彼女は去年の春から、
          老人福祉施設を訪問し高齢者の方たちに
          ハンドマッサージのボランティアを行っている。

          アロマセラピストとしての本業の傍ら、
          自ら申し出てボランティアをする、
          それだけでも尊敬に値するのに、
          彼女の活動はそこにとどまることなく、
          自分の経験を生かし、
          「ボランティアセラピスト」の輪を広げ、
          仲間を作ることを志している。

          すごいなあ、と思う。

          彼女は自身のブログに、
          こう書いている。

          高齢の方と接していると
          「悟り」 「強さ」 「寛大さ」  
          に感動します
                                                                                 この世で最も悲しく惨い戦争を経験し 
          島の厳しい自然環境を乗り越え
          人生の酸いも甘いも知る世代

          その深く長い人生を歩んでこられた 
          強さに触れさせてもらえる 
          貴重な体験の場となります

          (中略)

          ボランティアの心得は 
          「共有」です
          「〜〜してあげる」 では ありません

          この経験は 自身の成長につながります

          経験を経て出た彼女の言葉に
          重みを感じる。

          ここからは、島内在住の方へのお知らせ。

          明日の金曜日、
          この、「ボランティアセラピスト」
          についての内容説明会が行われます。

          この文章を読んで
          「ボランティアセラピスト」に
          興味を持たれた方は、
          ぜひご参加下さい。

          詳細は彼女のブログにて ⇒癒香ブログ CLICK!


          島の雑貨屋「ラミ」を訪ねる

          2006.02.02 Thursday

          0
            らみ

            前回、ブログ開始1周年の記念に「ブログ大賞2006」応募
            にも書いたのですが、
            島に来て知り合った友人たちには
            「すごいなあ〜」と思わず感心してしまうような人たちが
            たくさんいます。

            みないわゆる「子持ちの主婦」ですが、
            子育てに追われる忙しい日々に埋没してしまわないで、
            毎日の暮らしを楽しんでいます。

            パンやお菓子を手作りしたり、
            センスのいい生地で子供服を縫ったり、
            自分や子供の帽子やマフラーを手編みしたり、
            お気に入りの雑貨で部屋をコーディネートしたり・・・

            今日は、そんな素敵な友人の一人であるらみちゃんのお店、
            雑貨屋「ラミ」について書きたいと思います。

            らみちゃんと知り合ったのは、島へ来る前のことです。

            その頃の私は、仕事づけの日々に限界を感じていて、
            会社をやめて夫の故郷へIターンしたいと思っており、
            島についての情報をネットでいろいろ調べていました。

            そんな時、らみちゃんのホームページに出会い、
            島ぐらしについて質問するメールを送ったのが、
            おつきあいの始まりでした。

            その後、時たまメールのやりとりを交わすようになり、
            島へのIターン(夫にとってはUターン)が現実になった後も、
            実際に会う機会がなかなかなく、
            やっと顔合わせが実現したのは、
            私が島に来てから半年後のことでした。

            私は生後4ヶ月の長女を抱いていて、
            彼女は確か、2人目を妊娠中だったと思います。

            初対面の印象がどうだったか、
            今となっては覚えていませんが、
            その後の彼女の活躍ぶりについては、
            感嘆の思いで、成り行きを見守っていた
            記憶があります。

            下の子がある程度の年齢になったころ、
            彼女はリサイクルと雑貨のお店を始めました。

            同時に2人の子どもを連れて、
            島の不動産屋さんの仕事も手伝っていました。

            不動産屋さんのネット部門を任され、
            ホームページを立ち上げただけでなく、
            子連れで物件案内などもしていました。

            そんな彼女を見て私は、そのパワーに圧倒されました。
            「なんてすごい人なんだろう」と・・・

            今でこそ、子ども2人は保育園に通っていますが、
            最初は子連れで活動していたのです。

            続きを読む >>
            1