島ぐらし雑記帖

東京の離島・八丈島に暮らして15年。
日々の出来事や感じたことなど、
つれづれに綴っています。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
- / - / -
遠泳
今日は、息子の小学校の「遠泳」でした。

島には3つの小学校があり、
ほかの2つの小学校は、
6年生がこの時期に、海での「遠泳」に挑戦するのが
恒例行事となっていたのですが、
息子の小学校だけは例外で、
ここ8年ぐらい、やっていませんでした。

それが今年から、復活することになったのです。

場所は八重根港。
泳ぐ距離は1キロ。

息子は小さい頃から海に慣れ親しんでおり、
平泳ぎで長い距離を泳ぐのは苦ではないらしいので、
1キロ泳ぐこと自体への心配はあまりなかったのですが、
それぞれ泳ぎたい速度で泳ぐのではなく、
クラスみんなで(男女合わせて10人)
できるだけ距離をあけないようにして泳ぐと聞いたので、
自分のペースで泳げないのは
ちょっとキツイかも・・と思っていました。

今日の遠泳は、八重根漁港から船に乗り、
新堤の近くまでいって、そこから海に入り、
堤防沿いを2往復するというものでした。







スタート時間に間に合わず、
私が会場にたどりついたときには、
息子たちは、ちょうど1往復、
つまり半分を泳いだところでした。

息子は、先導の担任の先生のすぐ後ろ、
先頭のグループで、
すい〜、すい〜と気持ちよさそうに泳いでいました。



残りの1往復、堤防を歩きながら、
息子とクラスメイトたちの泳ぎを最後まで見守りました。

全員が1キロを泳ぎきり、
船に戻ったそのときの笑顔が印象的でした。

みんな、達成感に満ち溢れていました。

海で長距離を泳いだこと、
また、
みんなで励ましあいながら
全員で完泳できたことは、
息子にとっても
ほかのみんなにとっても、
大きな自信となり、
心に残る思い出になったのではないかと思います。

小学校の先生方をはじめとして、
漁協や海難救助隊、PTAなど、
遠泳にご協力いただいたすべてのみなさまに、
感謝いたします。

ありがとうございました。

※小学校のホームページの
「今月のできごと・7月11日」に
遠泳の模様が掲載されています!→CLICK!
Posted by フナリン
島で子育て / comments(0) / trackbacks(0)
11月23日、今年も樫立大演芸会開催!
娘が小さいころ、「1年で一番楽しい日!」と言っていた
(中学生になった今でもたぶん楽しみにしている)
地元の神社のお祭りの日が、まもなくやってきます。

毎年11月23日、この日がいかに特別な日か、
というのをこのブログに書いてから、
気づけばもう9年。時のたつのは早いものですね。
 
 ☆まだ読んでないっていう方はこちらをどうぞ↓
  「住民公休日」は大忙し.船咾隼弌∋骸屬砲里
  「住民公休日」は大忙し宴会準備でごぼうと格闘
  「住民公休日」は大忙しB臉垢蠑紊りの演芸会

この3つ目の記事のテーマになっている「演芸会」。
記事中に出てくる○○劇団や○○楽団に、
まさか自分の子どもたちが出るようになるとは、
この頃は想像もしてなかったなあ。
 
今年ももちろん開催されます、大演芸会。
何年か前から、ネットでの中継もやっています。

進学や就職で島を出た、
ここで育った
かつての子どもたちが、
ネットを通して、一緒に参加してくれてたらいいな、
そんな風に思います。

樫立演芸会生中継URLはこちら↓↓
http://www.ustream.tv/channel/tomijiro8jo

プログラムはこちら↓↓


 

 
Posted by フナリン
島の催し / comments(0) / trackbacks(0)
花村泰江展〜島ぐらし町ぐらし@伊勢丹浦和店
八丈で知り合った友人、
版画家・花村泰江さんの展覧会が
7月9日から15日まで伊勢丹浦和店で開かれます。
 

テーマは「島ぐらし町ぐらし」

3年間、家族で東京都八丈島で生活する経験を得て、昨年本土に戻ってきました。

これまで、身の回りの見慣れているけれども人々が忘れかけている物や風景を
木版コラグラフや銅版画で表現してきました。

 島での生活を通して、東京都だけど、東京からは300キロ離れた八丈島の、
本土にはない景色や植物、生活環境を自身の切り口でとらえ、
従来の木版コラグラフ、銅版画の他にアクリル画でも表現してみました。

都内の小学校から八丈島の小学校に転校した長女、
その逆を経験した長男の身の回りを見つめたことも作品作りに大きな影響を与えました。

 東京と八丈島の日常的な身の回りを表現した作品の数々をご高覧いただき、
何かを感じていただけましたら幸いです。

                               花村泰江

        (有)福福堂 Gallery Uehara サイトより



泰江さんの作品は、日常的なものを題材にしていながら、
非日常的で、とても魅力的です。

泰江さんの描く八丈を、
ぜひたくさんの方にみていただきたいなあと思います。

お時間あるかたはぜひ。


詳細はこちらをご覧ください(作品の1部もご覧になれます)⇒CLICK!







            

Posted by フナリン
島のあれこれ / comments(0) / trackbacks(0)
家族が増えました♪
縁あって・・・

愛犬あずきに続き、
我が家に新メンバーが加わりました。

小豆(こまめ)と黒豆(くろまめ)

生後2か月の子猫たちです。

こちらがこまめ。愛称はコマです。



警戒心が強く、最初はなかなか寄ってきませんでした。
おそらくメス。

こちらがくろまめ。愛称はクロ。(写真がうまくとれなかった。。。。)



最初からものすごく人なつっこくて、
こんなに警戒心がなくて大丈夫?って感じでした。
オスです。

何かの病気に感染しているようで
最初に出会った時は、目があいておらず、
めやにで目の周辺が汚れていました。

病院に連れて行き、注射を打ってもらったら
だいぶ元気になってきました。


なぜこの2匹がうちの家族になったのかというと・・・。

先週の土曜日のことです。

朝から出かけていた私が10時頃家に戻ると
みゃーみゃーみゃーみゃーというかわいい鳴き声と
と〜ってもちっちゃくてかわいい子猫が2匹、
うちの庭をウロウロしていました。



娘と夫によると、
朝からずっとこの場所にいて鳴き続けていたらしい。

母猫とはぐれてしまったんだろう、
たぶんそのうちが母猫がやってくるだろうと
様子をみていたのですが、
いっこうに現れる気配なし。

このまま放っておくわけにもいかないし、
どうしたものかと、知り合いの獣医さんに相談したら、
おそらく親はもう戻ってこないだろう、
「あとはお願いします」というつもりで置いて行ったのだと思う、
とのこと。

え〜そんなことってあるの!!!!
とびっくりしましたが、
猫はよくそういうことをするのだそう。

1匹の目があいておらず、
目やにがたくさんついてることを伝えると、
それはおそらく感染症で、
そのような症状が出るということは
おそらく野良ネコだろうとのことでした。

その病院で保護して
里親を見つけることもできるとの
お話だったのですが、
家族みんなでよく話し合った結果、
うちで面倒をみようということになりました。

うちにはあずきがいるので、
獣医さんのアドバイスも聞き、
しばらくは猫たちはケージに入れて
飼うことにしました。

2匹はとても仲がよく、
いつも一緒に寝ているか、
じゃれて遊んでいます。




あずきはそんな猫たちが気になって気になって
しかたがない感じ。

ここのとこだいぶ慣れてきたようですが、
最初の数日間は、いつも、ず〜っと猫たちを見てました。




わりとおとなしい犬なので
おそらく仲良くなれるんじゃないかと
思うんですが、
何しろ今は大きさが違いすぎるので、
もう少し猫たちが大きくなるまでは、
一緒に遊ぶのはおあずけ。



ケージの中ばかりだと退屈するかも?と思い、
ときどき目の届く範囲で遊ばせたりもしています。

イタチやカラスがいるので
自由に外を歩くのもまだおあずけ。

もう少し大きくなるまで待ってね。





Posted by フナリン
日々のこと / comments(0) / trackbacks(0)
愛犬とポットホールへ

前から行きたかった、
末吉の「ポットホール」
に行ってきました。

ポットホールとは・・・

「おう穴」または「かめ穴」ともいう。
河底や河岸にできる円形の深い穴。

河床の岩石に割目や節理があると、
河流による浸食でくぼみができます。

このくぼみに小石などが入り込むと、
渦流のため小石がくぼみの中を転がって
円形の穴に拡大します。

大の川上流のようにポットホールが
数百メートルも続いている地形は大変珍しいです。

八丈町HP 観光スポットマップより



ポットホールへは
末吉側からと、登龍側からと
どちらからもすぐ近くまで
車で行けるようなんですが、

私たちが行った日は、
末吉側からの道路の途中が工事中で
車では行けないようになっていました。

で、どうしたかというと・・・

「ここから30分くらいって何かに書いてあったから
歩いてみよう」

と車を下りて、みんなで歩き始めました。



最初は砂利道。
「え〜っ、これほんとに車通れるの?」って感じでしたが、
すっごく雰囲気のいい道でした。




愛犬あずきも一緒にてくてく。
のどかわいちゃった。ゴクゴク。




この砂利道がず〜っと続くのかと思いきや、
いきなり整備された道になった。

黒いガードレールなんてはじめて見た。
景観に配慮してこの色なんだそうです。

歩きやすくはなかったけど、
砂利道の方が雰囲気良かったな〜
なんて思いつつ、歩き続けます。




道端にはいろんな植物が

巨大なアザミとか・・・(アザミですよね・・・?)



あびの実もあちこちに
(でもまだ食べられなさそうだな〜)



山の緑がきれいでした

鳥もたくさん、鳴いてました。



それにしても、歩いても歩いても歩いても
歩いても歩いても歩いても歩いても
ポットホールらしきものは現れず・・・

30分でつくんじゃなかったけ???

お!それっぽい感じの川が・・もうすぐかな?

いやいや、ここからまだまだまだだでした。

こういう、ポットホールっぽいところが
何度も何度も現れて
まるで、同じところをぐるぐるまわってるみたいで
子どもたちいわく
「うわお〜無限ループだ。いつだっても抜けられない〜」

で、1時間くらい歩いたでしょうか。
やっとついた〜 ポットホールだ!!!





登龍峠方面からなら、ラクラク車で来れたようで、
観光客の方もちらほら。

バイクで来たらしいお兄さんが
さわやかに「こんにちは〜」とあいさつしてくれ、
私も「こんにちは〜」とにこやかに返しましたが、
子どもたちは元気に挨拶する気力もないほど
疲れ切っていました。。。

そしてここで気づいた。

「30分くらい」っていうのは、
登龍から歩いた場合の時間だったよう。

とほほほ。



一番元気だったのはあずきでした。
ちっとも疲れてなさそう。


ポットホール散策路の途中で腹ごしらえ。
いやまさか、こんな遅い時間にお昼になるとは・・。

あずきもおやつをカミカミ。









帰りは下りだったので、
行きほど長くは感じませんでした。

途中、これからポットホールにむかうと思われる
4人組の若者たちに遭遇。

その時すでに4時をまわっていたので、
今からポットホールまで行って
はたして明るいうちに戻ってこれるのだろうか?
とちょっと心配になってしまった。

でも、虫取り網みたいなのを持ってたから、
もしかしたらポットホールが目的地では
なかったのかも???

この日、私たちが会った観光客は
この4人組と、バイクのお兄さんと、
車で来たご夫婦らしき人たちと
計3組だけでした。

GWにこんなにすいてる山なんて
めったにないのでは?

ゆっくり山歩きしたい方、
八丈はおすすめですよ〜

あ、でも、八丈全体がすいてるわけではないです。

GW期間はあちこちで
観光の方をたくさんみかけました。

いつもはガラガラの路線バスも満員だったし・・

それでも本土の観光地よりはゆったりです。

ぜひみなさん、来年のGWは八丈へ!

Posted by フナリン
島の自然と風物詩 / comments(2) / trackbacks(0)
花村泰江さん出展「描くモノ」 what are you drawing?
 八丈在住の版画家で画家の
花村泰江さん。

娘のピアノ教室で知り合い、
タイムスの取材をきっかけに
親しくなりました。

花村さんの版画は、
ポップでおしゃれなのですが、
それだけで終わらないところが
魅力です。

日常的なものを題材にしながら、
描かれているのは、どこか非日常的な世界。

今回は版画ではなく、
八丈を題材にしたアクリル画を
出展するとのこと。

私の好きな
乙千代ヶ浜が描かれているそう。

どんな風に表現されているんだろう。

広尾なので、
行けないのが残念。

東京在住のみなさま、
お時間あったらぜひ、ご覧下さいね。


*花村泰江さんのプロフィールはこちら⇒CLICK!

*花村泰江さんのブログ記事はこちら⇒CLICK!




絵画を考える-その3
描くモノ
 what are you drawing?




秋本将人、鬼頭明稚、日下芝、小林つばさ
鈴木敦子、花村泰江、松本晶大、渡邉光

2012年10月3日(Wed)−10月20日(Sat)
12:00−19:00(日曜・祝日・最終日は18:00まで)
※月・火曜休廊
- オープニングレセプション|10月3日(水)18:00−20:00
- アーティストトーク|10月6日(土)14:00−16:00
※参加費(1ドリンク付き)500円

会場:工房 親
〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿2-21-3
- 東京メトロ日比谷線「広尾駅」2番出口徒歩6分


詳細はこちら↓
描くモノwhat are you drawing?(CLICK!)




Posted by フナリン
日々のこと / comments(0) / trackbacks(0)
ウミガメ
雲がきれいだったので
空が撮りたくなった

八丈の夏!



乙千代ヶ浜プ―ルの海水ポンプ




今年はまだ2回しか、
乙千代ヶ浜の外海で泳いでない

ちょっと不完全燃焼

でも、そのうちの1回で
はじめて
ウミガメに会えて
うれしかった

カメは島の海のあちこちに
いるらしいんだけど
私は今まで遭遇しなかった

また会いたいな





Posted by フナリン
島の自然と風物詩 / comments(2) / trackbacks(1)
乙千代ヶ浜プール再開にあたって
昨年休止していた乙千代ケ浜プールが、
今年、再開されることになりました。

以前にも書きましたが、
私は、このプールには
特別な思い入れがあります。

子どもたちが小さいころから
お世話になってきたということも
もちろんありますが、
それだけではありません。

乙千代ヶ浜プールは
もともとはもう閉校してしまった
樫立小学校のプールでした。

今でこそ乙千代ヶ浜は、
道や海岸が整備されて、
親子で遊べる人気スポットに
なっていますが、
昔は、子どもたちが気軽に泳ぎにはいけないような
険しい岩場だったそうです。

そんな環境の中でも
子どもたちが泳ぎを覚えられるようにと、
地元の大人たちが子どもたちのために、
このプールを作ったと聞いています。

それから長い間、
樫小PTAが中心となって、
地元の方々と共に、
このプールを毎夏、続けてきました。

海のすぐそばにあり、
また、海水を利用しているため、
その維持管理は
普通のプールよりも大変な面が
あったのではないかと思います。

夏休みの間、毎日、毎日、
交代でプール掃除をし、
海水の入れ替えをし、
日中は子どもたちの見守りをし・・

台風が来れば、
海水ポンプやそのほかの設備を
撤去し、
台風後にまた設置し・・・

樫小がなくなってからは、
そのようなプール運営を
樫立の実行委員会が
引き継いで下さいました。
(新設された三原小PTAや
地元の方々も交代で
子どもたちの見守りに
あたりました)

私が、この乙千代ヶ浜プールに
特別な思いを抱くのは、
ここが、子どもたちへの愛情あふれる、
あたたかい場所だからです。

地元の大人たちが、ここで、
子どもたちの成長をあたたかく見守ってきて、
たくさんの子どもたちが、ここで、
たくさんの思い出を作って成長してきた、
そんな特別の場所だからです。

プールが再開され、
本当にうれしいです。

そして、再開を決めてくださった、
町と樫立自治会に
感謝するとともに、
このプールをこれからもずっと
維持していくために、
地元住民の一人として
やれるべきことを
できる範囲でやっていきたいと思います。


Posted by フナリン
島で子育て / comments(0) / trackbacks(0)
新ホールの「運営協議会」に参加して
 現在建設中の、町役場庁舎に併設される「集会施設」の
(と町は呼んでるけど、要するに、文化ホール的なものです)
「運営協議会」の委員になった。

(「委員になった」っていうとなんだかエラソーだけど、
なんてことはない、「誰でも何人でも応募可能」
というものに応募しただけです。)

新しいホールは来年の5月くらいまでには完成する予定らしいんだけど、
そこの運営方法を住民と一緒に考えましょう、というもの。

ホール運営というのは、とても興味ある分野だし、
「あびの実」の活動にも関わってくることから応募したのだが、
「住民参加」みたいに謳っていても
行政が主導する、「運営協議会」などという固い名称のものって、
形式的で面白みがないんだろうな〜と勝手に思っていた。

・・・・・・が、その思い込みが覆された。

今日、1回目の協議会に参加してきた。

委員は16人。

誰でも何人でも応募可、ということで、
もっと大勢いるのかと思ったけど、
人口比を考えるとこんなものか。

しかしながら、まったくのボランティアで
自由意思による参加なので、
集まった人たちには
ホールに対する興味と熱意が
人一倍あるんだと思う。

前半は、建築を担当した設計事務所からの
ホールについての概要説明。

「設備の整ったホールになるらしい」と
事前に少しは知っていたけれど、
設計図やパース、CGなどのスライド
を見ながらの詳しい説明を聞き、
「すごい!」と圧倒された。

もちろん、
もっともっと素晴らしいホールは
全国にいくらでもあるんだろうけれど、
この島、この人口規模で、
これだけのホールというのは
なかなか望めないんじゃないだろうか。

私は関わっていないけど、
「島に文化ホールを作ってほしい」と
要望してきた住民の会があって、
その会の意見も、設計にとりいれられているらしい。

概要説明のあとの質疑応答では、
さすがにみんな熱心で、
いろいろな質問がなされた。

・・・・で、ここまでは、こういう会議で見られる、
ごくごくフツーの光景だったのだが

面白かったのはこの後。

なんと、この協議会は、毎回
ワークショップ形式で協議をすすめていくというのだ。

ワークショップ?

いや、もちろん、ワークショップのなんたるかは
知ってるけど、
まさか、こういう会議でワークショップをやるとは
思わなかった。

どうしてまた?と思ったら・・・

今回庁舎設計を行った設計事務所は
ホール運営のコンサルタント会社も別に経営しているようで
この協議会は、そのコンサルタント会社の人たち主導で
すすめていくとのこと。

その会社では、過去にいくつも
「住民参加」でホール運営を立ち上げてきた実績があり、
ワークショップ形式で行うのは、
参加者が、積極的に参加して意見を出せるようにするためらしい。

確かに、
行政が提案したことに、委員が意見や改善点を述べる、
という形式よりは意見は出やすいかも。

その意見をどうまとめて、どう反映させていくのか
っていうのは、審議方式よりもはるかに難しいと思うけど、
それをうまくまとめるノウハウが主催者側にあれば、
本当の意味での「住民参加」が実現できるのかもしれない、
と思った。

もちろん、参加する私たち委員が
どれだけ主体的に、積極的にこの会に関われるかっていうことも、
これからの協議がうまくいくかどうかのカギを握っているわけで、
そういう意味では責任重大だけど、
でも、こういうやり方は、面白いし、ワクワクする。

協議会終了後、今日が初対面の、ある委員の人と話す機会があり、
その人が、島でやりたいと思ってあたためている企画が、
すごくいいなあ、一緒にやってみたいなあと思わされるもので、
「ぜひ、実現させたいですね〜」と話が盛り上がった。

島に来てから、ずっと、
舞台に立ちたい、
また演劇をやりたい
と思っていた。

3年前にその希望を実現させたけど、
その後、それを続けていくだけの
パワーがなかった。

いつかまた、
島で芝居を上演してみたいという思いは
消えずにあるけれど、
今はそれよりも、
この協議会や
あびの実の活動を通して
島の「文化環境」を作っていくことを
自分のライフワークにできたらいいなと思う。
Posted by フナリン
日々のこと / comments(0) / trackbacks(0)
八丈小島
 
八丈小島は、八丈島の北西7.5kmの海上にあり、
島のほぼ中央にあたる太平山(616.8m)から成る
面積3.10km2、周囲8.70kmの小火山島ですが、
昭和44年6月に全員離島し、現在は無人島です。
          (八丈島総合ポータルサイトより


昨年夏、八丈小島に行ってきた

小島は、すぐそこに見えるけど、
簡単には行けない

学校のPTA行事とか、
自然ガイドさんが企画するツアーとか、
そういうのに参加しない限り、
普通の人は、交通手段がないから
上陸できない

今回は、娘が会員になっている
「自然っ子クラブ」というサークルの活動に
家族で参加した

私と娘は2度目だけど、
夫と息子ははじめて

夫は八丈の出身だが、
これまで、行く機会がなかったらしい



八重根港から、漁船にのって出発

前に行った時は、海がおだやかだったので、
ちょっと油断していた

船の前の方に乗ったのだが
ドッシャーン、バッシャーンと
波がかかり、もうびしょぬれ

娘と息子は
それがすっごく楽しかったみたいで
とくに息子は
大はしゃぎだった
(私はもうカンベンって感じだったけど)

1時間ぐらい船に揺られ、
かつての港に到着





大人たちを中心に、
テント代わりのブルーシートを設置



船で酔ってぐったりしてる子も



一休みしたところで、ちょっと探検

前に来た時には、カンカン照りのいい天気だったので、
この、登り坂がかなりきつかった




振り返ると、長く、長く続く道



どんどん登っていくと、集落の跡が



ここは昔、小学校だった


さて、泳ぐぞ〜

砂浜の海水浴場と違って
岩場だから、
ドボーンと飛び込むしかない

私なんてこの高さでも怖いのに
子どもたちってすごい

もっと高いところから、えいっ



ポーン



たっぷり泳いだあとは、
ブルーシートのテントのもとで、お弁当タイム





午後、息子は魚つりへ



自然っ子クラブスタッフのOさんの指導で
竿を持たせてもらう



やった〜!
息子、ウマヅラをゲットしてうれしそう



えさにつられて、ウミガメもやってきた
(この写真だとわからないですね。すみません)



たっぷり遊んで疲れたのか、
帰りの船では、息子はぐっすり。
娘もウトウト。

戻ってきたら
八丈が都会に見えた(笑)くらい
大自然満喫!の1日だった。
Posted by フナリン
島の自然と風物詩 / comments(0) / trackbacks(0)
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
PROFILE
Information
funarin's Blogs

愛犬ブログ
「黒柴☆あずき日記」♪
子育て応援ブログ
「八丈島で楽しく子育て♪」
Mail
メッセージは
karakosimako☆yahoo.co.jp
までどうぞ。
(☆の部分を@に変えて送ってください)
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
SEARCH THIS SITE

Atom0.3
RSS1.0
Login
Powered by JUGEM


SPONSORED LINKS
OTHERS